顔汗がひどい原因

 

顔にだけダラダラとひどく汗をかくのはなぜ?

 

人間は暑い時や激しい運動をすると汗をかきます。ふつうは、全身から汗がでますすが、顔にばかり集中的に汗をかく人がいます。なぜ?って思いますよね。
そもそも、汗には体温調節という役割があります。気温が上昇したり、運動をすると、身体が暑くなります。これは、体内で熱が生産されているためです。この熱を体外に出して、体温を一定に保つために、人は汗をかきます。汗は全身から出るのが普通ですが、顔にばかり汗をかくのはなぜでしょう。

 

運動不足
運動不足になると、汗をかく機会が減り、身体が汗をかくことを忘れてしまいます。そうなると、手足や下半身など冷えやすい部分は汗腺がお休み状態に入ります。体温調節で汗をかく時には、動きが多く、汗腺の数が多い顔に汗をかくことになります。

 

女性ホルモンの乱れ
女性ホルモンには汗腺の働きを調節する機能があります。ところが、40代後半から50代にかけて閉経を迎えると、卵巣の働きが衰え始め、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が減少します。これによって、ホルモンのバランスが乱れ、汗をかきやすくなります。更年期の女性が、気温に関係なく、急に顔や身体が熱くなる、いわゆるホットフラッシュと呼ばれる症状がこれになります。

 

ストレスや緊張
不安や緊張などのストレスにさらされると、大量の汗をかいてしまう。これは「精神性発汗」とも呼ばれ、発汗機能を調節している交感神経が、強いストレスによって過剰に働くことが原因といわれています。

 

顔汗を集中的にかく原因は、主に上記の3つといわれています。運動や食事など生活習慣を改善する必要もありますが、ストレスや緊張しやすい性格、ホルモンの乱れを変えるのは簡単なことではありません。

今すぐ何とかしたい!

 


そんな人にオススメしたいのがサラフです。サラフェは日本で初めての顔に塗ることができる制汗剤です。脇用の制汗剤は、たくさんありますが、顔用の制汗剤はサラフェだけ。こんな動画もあります。

 

サラフェの実力がわかりますね〜^^

  • 脇用の制汗剤を顔にシュー
  • 舞妓さんの裏技、帯やブラジャーでギュッと締めつけた
  • 汗ふきシートでこまめに拭く
  • 冷却シートで冷やす
  • ツボを抑える
  • 体質改善をしている
  • ウォータープルーフの化粧品を使う
  • いちから化粧直しをする

こうした地道な努力をしてきたけど報われない・・・そんな人でもサラフェなら満足できるはず。なんといっても、使用者の91%以上が顔汗が気にならなくなったというデータがある製品なのです。

 

使い方も簡単!塗るだけでOK!

 

 

朝:洗顔→化粧水→サラフェ→乳液→メイク

 

サラフェを塗ってもメイクのノリには何の影響もありません。

 

日中:化粧の上から塗ってOK!

 

顔汗をさらに減らすことができる裏技的な使い方があります。「就寝前に塗る」

 

サラフェを塗ってから眠ると、翌日の顔汗がいつもより減るんです。サラフェは、肌を整え、潤いを与え、保護する成分が配合されている=美容ジェルと同じような成分で、しかも肌に優しい天然由来の成分で作られています。いわば、制汗剤入りの美容ジェルのようなものなので、就寝前に付けてもOKなのです。

 

サラフェを使ってみたけど、顔汗が減らない!たま〜にそうした口コミを見かけますが、もしかしたら、間違った使い方をしている可能性があります。

 

すぐにやめていませんか?
サラフェに配合されているパラフェノールスルホン酸亜鉛は、効果が認められている薬用成分です。ただし、その効果が出るのは、使用開始5日後からというデータがあります。公式サイトにも以下の記載があります。

 

 

2〜3日でやめてしまったり、使ったり使わなかったり・・・、せっかくの効果が発揮されにくくなります。

 

塗ったその日から汗がピタッと止まりました。そういう効果を期待してしまいますが、まずは根気よく塗り続けましょう。それでも、何の変化がない時には、塗り方に問題があることが考えられます。

 

伸ばしてませんか?
サラフェは、指先で優しくトントンとたたくようにして付けます。伸ばすと化粧崩れの原因になります。

 

部分塗りしてませんか?
つい、気になる部分にだけ塗りたくなりますが、効果が出にくくなるので、必ず顔全体に塗ります。

 

顔の水分をちゃんとふき取っていますか?
顔が濡れた状態のまま塗ると効果が半減します。洗顔後はしっかりと水分をふき取り、日中の塗り直しの際には、汗をきちんと抑えてから塗りなおします。

 

40%オフ&返金保証付きで

購入できるのは

公式サイトだけ